サラリーマン生活を脱し、お金にも人間関係にも悩まされない自由な生活を送る方法を綴る

タケシの自由になるブログ

就職・転職

我慢して働くな!今後ブラック企業は潰れサラリーマンの給料が上がる!

更新日:

あなたは毎日毎日辛いのを我慢して働いていませんか?

難しい仕事、無茶振り、嫌な上司に同僚、理不尽な顧客、長時間労働、休みがない、給料も低い、将来が不安、結婚、子供も出来ない・・。

これらの多くに当てはまって、毎日辛いのを我慢して働き続けている人が多いと思います。

しかし断言しますが、それは「間違い」です。

我慢して働いてはいけません。環境が悪い、待遇が悪い、特にブラック企業などに勤めていて良い事は全くありません

身体を壊してうつ病になって働けずに最悪の人生を送るだけです。

今後日本のサラリーマンの給料は上がっていく事が予想されます。しかもかなり。

給料が上がれば嬉しいですよね?

私の周りでもどんどん転職している人が増え、彼らは(これまで薄給だったのもあり)給料が急激に上がっています。3-400万円だったのが、500から700万円くらいまで上がっています。それも特に目立ってスキルや経験を積んだり成果を挙げた分けではありません。

それはなぜでしょう?

またこの今の日本の給料爆上げを阻害するものについても解説したいと思います。

サラリーマンの給料が上がっている理由

最近のサラリーマンやバイトなどの日本で働く人の給料が上がっている理由は簡単です。

それは「少子高齢化」です。

日本は高齢者が多く、子供が少ない世界一の高齢化社会ですから、団塊の世代が引退して労働者が圧倒的に足りなくなっているのです。

それは今後10年で150万人近い労働者が減ると試算されています。

労働者が足りないために労働市場では人の取り合いになっており、そのための労働者の賃金が上がっているというわけです。

景気が良くなったとかそういう理由ではなく、単純にそれだけです。

労働者不足で給料は上がっていく

それはこの一年で非常に顕著になってきており、1年前だと時給1000円で採用できたバイトが今では1300円に上がり、職種によっては外食チェーンなど1500円でも採用出来ないケースが出てきています。

東京での最低賃金も時給1000円にかなり近くなってきて、至上最高額を記録しました。

その影響を受け、格安居酒屋チェーンの鳥貴族も280円均一から値上げに踏み切ったり、サトウノゴハンのも発売開始から初の値上げに踏み切ったというニュースもYahooトップニュースで掲載されていました。

当然これはバイトに限らず、正社員でも同じ事が言え、転職市場では高額のオファーが溢れています

最近それを牽引しているのはスマホのゲーム業界です。

いわゆるソシャゲと呼ばれるスマホのゲーム市場は、日本は世界第3位の市場規模を誇り、日本人は米国の10倍の平均月額課金額を誇ります(月1万円以上)。

サイバーエージェント系のCygamesなど、非常にスマホゲーム事業が好調です。

現在のスマホゲーム市場は海外からの参入企業も含めて非常に競争が激しいですが、そこで働く人の給料は爆上げされています。

私が知っている人間でも最低600万円、700,800万円はもうゲーム開発人材では普通の状況です。

これ以外にも日本のほぼ全ての業界が人材不足の状況になっており、人材の争奪戦が繰り広げられているのです。

それにより、労働者の賃金は爆上げの状況となっているわけです。

今後は転職したもの勝ち

そのため今働いているサラリーマンは、多くのケースにおいて「転職した方が得」になっています。

転職した方が、待遇も条件も良いケースが多いはずです。少なくとも私の周りで転職しいった人間は皆非常に(これまで薄給でこき使われていたため)待遇が良くなりました。

このような状況では、正直昨今更に問題になっているブラック企業などは絶対に生きていけません

なぜなら、そんな「ブラック企業」に無理して勤めなくても他の会社に移れば、もっと「ホワイト」で、なおかつ待遇も条件もはるかに良いからです。

私はこの近年の労働市場の変化を、労働者も経営者も十分に認識していない点が非常に腹立たしく思っています。

IT人材は80万人不足する!将来不安で色んな仕事が無くなる中、長く働くならIT分野がお薦め!

平成から令和に年号が変わりました。来年の2020年には東京オリンピックがあります。 戦後から昭和、平成の時代までは、非常に分かりやすい時代でした。 働く人々は終身雇用制で企業に守られ、しっかり勉強して ...

続きを見る

ブラック企業に弱みを付け込まれる労働者

労働者もこのことをしっかり認識してれば、もしブラック企業に勤めていればすぐ辞める事が出来ます。無理して続けているのは生活のためです。「ここを辞めても行くところがない」という労働者の弱みに付け込まれているわけです。

労働者がブラック企業で無理して働く事に、今の日本の状況では全く意味がありません。むしろブラック企業を助長しています。労働者が勇気を持って辞めれば、ブラック企業では人が足りなくなり、労働状況と待遇を変えないと生きていけなくなります。

そうなると自動的にブラック企業は淘汰されることになるわけです。

ブラック企業は今後淘汰される

また経営者側もそうです。この今の労働市場の状況を十分に認識しているとは、私は全く思いません。

私はある企業の経営者にこの事を話しましたが、「そんな事は聞きたくない、採用はアイディアや頭を使えばこれまで通り問題無く出来る。それは努力が足りないだけだ」という回答が帰ってきました。

確かにある面正しいかもしれませんが、現在の労働市場の状況を直視せずに「努力が足りない」という言葉にその会社の恐ろしさを見ました。

もしも経営者が十分に今の労働市場の状況を認識していれば、「離職率を下げるにはどうすれば良いか?」「求める人材を採用するにはどうすれば良いか」「待遇面、教育面を十分に再整備が必要」という考えに必ずなるはずです。

この認識が今の経営者には足りなさ過ぎです。こういった企業はこれから5年10年は非常に苦労するのは間違いなく、対応を誤れば多くの企業が人手不足で淘汰されるはずです。

また経営者が「生産性の向上」に舵を切るのは正しいでしょう。人手不足を「生産性の向上」で補うのです。生産性の向上と一言で言っても、「ロボットやAIなどによる自動化」だけを指すのではなく、「高付加価値を付けた商品を高単価で売ること」によって労働力一人当たりの売り上げ(つまり生産性)が向上するのです。

こういった努力をすれば、今後世界に波及する少子高齢化の人手不足の解決策として、日本が世界に輸出する事が可能となるでしょう。

今嫌で働いているなら勇気を出して行動しよう

もしあなたがブラック企業に勤めている、毎日毎日無理している働いているなら、すぐに転職を考えた方が良いです。会社や周りに気を使う必要は全くありません。

たった一人の自分を大事にするのは、自分しかいません。

繰り返しになりますが、日本は今後超高齢化社会による超人手不足になります。それによって今バイトでも契約社員でも派遣社員でも正社員でも、人材の争奪戦はもう始まっています。

今後その競争が更に激しくなるのは確実です。

ブラック企業に勤めている人も、そうでない人も、後は「勇気」の問題です。

人間の人生長いようで短いです。気力、体力を持って働く事が出来る時間は思っているより短いものです。

ブラック企業や、気に入らない上司、同僚に囲まれて働けば身体も壊してしまいます。身体を壊してしまえば、いくら労働市場が好景気でも働く事が出来ないのでお金を稼ぐ事が出来ず、最悪の結末を迎えることもあり得ます。

ブラック企業を徹底排除

転職するにしてもブラック企業を事前に見分ける事は困難です。

その点、ウズキャリという転職サイトはブラック企業を徹底除外している点で有名です。

今の時代、ブラック企業をその転職サイトに掲載する事自体が信用問題になります。

ウズキャリは「ブラック企業を徹底排除!」をうりにしており、「離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態」などの基準を設け、転職後の定着率も徹底フォローしているそうです。

現在その定着率は93%以上とのこと。

ブラック企業に搾取されることなく、自分の人生を謳歌しましょう。

ブラック企業は今すぐ辞めろ!労働者に見捨てられる運命のブラック企業達

近年労働問題が深刻化しています。 電通の女性社員自殺の例だけでなく、いわゆるブラック企業に苦しめられる人は多いです。 日本人は他の世界の国々に比べて相対的な幸福度が低いと言われ、経済的にめぐまれている ...

続きを見る


多くの人が知らない大企業に就職するための方法

大企業に就職するためにはどうすれば良いでしょう? 誰もが知っている大手企業に入りたいと思う人は多いでしょう。自分がやりたい事を実現するために、大企業に入りたいという目標を持っている人も多いです。私もそ ...

続きを見る

人気記事

1

就職活動の時によく聞くワードが「OB/OG訪問」ではないでしょうか? OB/OG訪問とはその名の通り、志望する企業に勤めている自分の学校の先輩に訪問して話をしようというものです。 就職活動において、O ...

2

「持ち家か賃貸か論争」は永遠のテーマと言われ、昔から長く議論されて来ました。 家購入は一人前の証と見られ、会社の同僚、上司や、親、友人、妻からも「そろそろ家、マンションを買わないの?」と言われる事も多 ...

3

大企業に就職するためにはどうすれば良いでしょう? 誰もが知っている大手企業に入りたいと思う人は多いでしょう。自分がやりたい事を実現するために、大企業に入りたいという目標を持っている人も多いです。私もそ ...

4

仕事先を選ぶ際、サラリーマンでもアルバイトでも「仕事のやりがい」を重視する人は多いと思います。 当然の事ながら「やりがい」は重要です。やっていて面白くなかったり、楽しかったり、充実感が無ければ、どんな ...

-就職・転職
-, , , ,

Copyright© タケシの自由になるブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.