サラリーマン生活を脱し、お金にも人間関係にも悩まされない自由な生活を送る方法を綴る

タケシの自由になるブログ

就職・転職

大学教授のパワハラ問題!世間知ずな教授に権力を持たせて良いのか?

更新日:

山形大学の教授によるパワハラ、アカハラが問題になっています。

同大学教授の研究室生の生徒にパワハラを行い、「卒業できない」「就職できない」と生徒は追い詰められ、自殺に追い込まれるという最悪の事態に陥ってしまいました。

また山形大xEV飯豊研究センターで、センター長の男性教授が、同所の職員に日常的なパワハラを行い、10人以上の職員が退職に追い込まれるという事態にもなっています。

パワハラとは大学のような教育機関、研究機関ではなく、一般企業から生まれた用語ですが、今なぜこのように大学で問題になっているのでしょう。

世間知らずな大学教授

私が考えるこの問題の本質は「大学教授は世間を知らない」に尽きると思います。

私も10数年以上前に大学の工学部を卒業し、研究室での日々を過ごしました。

その時も薄々感じていて、その後社会に出て長年生活していて確信して言えるのは「大学の世間との乖離、特に大学教授の世間知らずさ、人間の出来ていなさ」です。

大学生活を終えて沢山の教授、助教授を見てきましたが、本当に人間的に問題がある人が多かったです。もちろん全員ではなく、素晴らしい人間性と常識を兼ね備えた方もいらっしゃいました。

しかしながら今から考えれば子供のような性格、ひどいパワハラ、エキセントリックな性格、横暴な行為、それらは大学のキャンパス内でかなり横行していました。

私も大学教授に追い詰められて鬱病になってしまった人も多く知っています。

一般社会を経験していない大学教授

人間というのは誰しも精神的に未熟で生まれてきます。

それが家庭内生活を経て、学校生活を経て、そして会社員、社会人生活を経て少しずつ成熟していくのです。

特に社会に出て企業に勤め、そしてモノを売ったり、客商売をすると嫌でもそういった人間性は磨かれます。

逆に言うと、人間性に問題があるもの、そして精神が未熟なものは、その企業、ビジネスからドロップアウトし、自然淘汰されるのです。

しかし大学教授というのはそういった人間性の部分の自然淘汰が働きません。

彼らの多くは、大学に進学し、研究室で良い論文を書き、助教授になって、教授になるという生活です。そこには一般社会ほど人間性を磨く機会はないわけです。

そうなると問題のある人間が淘汰されません。

パワハラは現在の社会で許されないのが現実

山形大の例を取れば、ああいった人間は一般企業だとパワハラですぐ左遷か解雇です。今はもう昭和のような常識は残念ながら通用しません。

それを否定するのは残念ながら「セクハラ」を肯定するのと同じくらい非現実的です。それが今の日本の世の中の常識です。それに違和感を感じられる人は、古い常識に囚われているか、社会人経験が乏しいと言わざるを得ません。

これは良い、悪いの問題ではなく、現実です。

特に今の上場しているような企業は「反社会勢力と付き合いがないか」「不正経理を働いていないか」「不払い残業など労務に問題はないか」「セクハラ、パワハラはないか」というのが徹底的に問題視されます。

これらは大学では一般社会ほど問題視されません。

素晴らしい研究をしているかもしれない、人間社会にとって将来非常に役に立つ研究、論文を書いているかもしれない。

しかしながら人間性を育む仕組みがない大学システムでは、「社会の闇」を残すことになり、若い人間を潰すことにつながるでしょう。

大学教授から権力をはく奪せよ

この問題は一朝一夕で解決されるような簡単なものではないでしょうが、私が一つ思うに、大学教授から権力を徹底的に排除するのも手ではないでしょうか。

大学教授が卒業するしないを決める、大学教授が就職出来るか出来ないかを決める、そして大学教授が大学長を決める・・などなど。

これらは教授が必ずしもやる必要はありません。

大学生への教鞭も、必ずしも教授である必要はないでしょう。教科書通りに教えるのであれば、塾の講師のような人間でもよいわけです。

その中で公平にテストの点数から卒業する、しないを判断すれば良いのではないでしょうか。

また学校の最高権威の大学長が教授上がりであれば、これまた教授を庇う体制になってしまうでしょう。

人間性のチェックを

またこれ以外にも人間性のチェックをするのも大切でしょう。

大学に第三者機関の設置を義務付け、パワハラ、セクハラの問題があれば容赦なく懲戒解雇をするという具合です。

私の大学でもセクハラの疑惑のあった教授もいました。

こういった問題はしっかりと透明性をもって解決する必要があるでしょう。

ーーーーーーーーーー

いかがでしたでしょうか。

大学の全てを悪く言うつもりは当然ありませんが、私の経験から現在の大学の問題点を指摘させてもらいました。

ではまた。

ブラック企業は今すぐ辞めろ!労働者に見捨てられる運命のブラック企業達

近年労働問題が深刻化しています。 電通の女性社員自殺の例だけでなく、いわゆるブラック企業に苦しめられる人は多いです。 日本人は他の世界の国々に比べて相対的な幸福度が低いと言われ、経済的にめぐまれている ...

続きを見る

人気記事

1

就職活動の時によく聞くワードが「OB/OG訪問」ではないでしょうか? OB/OG訪問とはその名の通り、志望する企業に勤めている自分の学校の先輩に訪問して話をしようというものです。 就職活動において、O ...

2

「持ち家か賃貸か論争」は永遠のテーマと言われ、昔から長く議論されて来ました。 家購入は一人前の証と見られ、会社の同僚、上司や、親、友人、妻からも「そろそろ家、マンションを買わないの?」と言われる事も多 ...

3

大企業に就職するためにはどうすれば良いでしょう? 誰もが知っている大手企業に入りたいと思う人は多いでしょう。自分がやりたい事を実現するために、大企業に入りたいという目標を持っている人も多いです。私もそ ...

4

仕事先を選ぶ際、サラリーマンでもアルバイトでも「仕事のやりがい」を重視する人は多いと思います。 当然の事ながら「やりがい」は重要です。やっていて面白くなかったり、楽しかったり、充実感が無ければ、どんな ...

-就職・転職
-, ,

Copyright© タケシの自由になるブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.