サラリーマン生活を脱し、お金にも人間関係にも悩まされない自由な生活を送る方法を綴る

タケシの自由になるブログ

英語 英語勉強法

英語が出来て何か嬉しいの?英語が出来て良かった事は?

更新日:

以前当ブログで留学一切なしでTOEIC900点を超えた私のノウハウを公開しました。

TOEIC900点が教える留学に行かず安く英語をマスターする最短の方法

英語を話せるようになりたい、英語をマスターしたい、将来英語を話して海外で活躍したいという方は少なくないと思います。更に現代では会社の昇格条件に英語のTOEICの点数が求められたり、大手企業へ就職する上 ...

続きを見る

しかしながら、「英語が出来て何が嬉しいの?英語って美味しいの?」と思う方は多いのではないでしょうか。

正直「英語が出来るから偉い」というのは全くないと思います。それは断言します。

しかしながら今の日本では英語がもてはやされ、英語が出来る人が優遇され、頭良いように扱われ、しまいには英語が出来ない自分を棚に上げて子供に幼稚園から英語教育を施す始末・・。

私はこれらは異常の領域に来ているかなと思います。

しかしながらそんな中でも私が「英語が出来て良かった」と思った事についてお話したいと思います。

英語が出来て良かったこと

ざっと以下の点が挙げられます。

・海外のニュース、記事が読める
・海外の企業の財務諸表が読める
・海外で起こっている事を理解できる

私は世の中一般が思う「英語が出来れば海外の人とコミュニケーション取れるよね!」という事にはそこまでメリットを感じません。

それは通訳を使えば良いし、そもそもコミュニケーションを取ってガンガンビジネスでお金を稼せげるという場面はあまりありませんでした。そういうのは日本でかなりビジネス的に成功してからの世界ではないでしょうか。

私はどちらかというと、「日本人が英語が出来ない事で知らない世界の出来事」を理解できた事の方がメリットを感じました。

それはまさに「情報格差」でしょう。

英語による情報格差はお金を生む

情報格差は価値を生み、お金を生みます。

ほとんどの人が知らない、知る事が出来ない事を知るというのはそれだけで価値があるのです。

実際私はそれで結構なお金を稼ぐ事が出来ましたし、ビジネス上においてもライバルに対して優位に立つ事が出来ました。

例えば海外で報じられているニュース、分析記事を翻訳してブログなどで公開するのも大きな需要になるでしょう。そうなればブログで大きく集客出来て広告収入やコンサル料、講演料を得る事が出来ます。

今や日本のネットメディアではこういう翻訳系の情報サイトが多くなっています。今のYahoo!ニュースに掲載されているスポーツメディアでもただ海外のスポーツメディアが報じたものを日本語に翻訳しただけの記事が溢れています。

これでは日本のマスメディアの価値は大暴落です。

翻訳したものを垂れ流すだけでは、そこらへんのブログと全く同じではありませんか。それくらい今のマスメディアが凋落してしまったのは悲しくもあります。

英語で世界の経済を知れ!

また英語で書かれている情報を元に今後の経済の予測も立てる事が出来ます。それを先取りすれば、ライバルに先んじて優位にビジネスを進める事が出来るのです。

特におすすめなのは海外の主要産業の企業の財務諸表を読むことです。これには会計的な知識も必要ですが、そこまで詳しい知識はいりません。普通企業に入って学ぶ会計、財務研修レベルの知識で十分です。

ここで海外では各企業の英語による分析記事も溢れていますから、そこから世界の経済情勢、市場の動向、今後の見通しなどが分かってくることが多いのです。

そういった情報は日本の経済情報誌、情報サイトを見ても書いてありません。

はっきり言って日本の経済紙はかなりドメスティックで、視野が小さく、世界規模の視野で経済を見れていません。

そうなると、経済はグローバルに動いているのに、日本だけのミクロな視点で判断してしまい、流れを読み間違えるという事が多発してしまうのです。

まとめ

なので私が実際に英語をマスターして良かったと思う事は、「外国人と話せて嬉し~!」「海外旅行の時にも苦労しない!」というくだらないものではなく、「周りのほとんどの人が知りえないものを知ることが出来る」というところでした。

上述した通り、それが出来れば物事の本質にも気づくことが出来ると思いますし、視野も広がり色んな仕事面で優位に立てることは間違いないと思います。

そういう意味で英語の学習は、特にビジネスマンにはおススメしておきたいところです。

本当に世の中に出回っている文章はほとんどが国際共通語である英語です。英語が読めればアクセスできる情報が何十倍、何百倍、何千倍にも増えます。

今はまだ全然翻訳プログラムも精度が全くと言って良いほど不十分です。

ラテン言語であるスペイン語→英語→フランス語→オランダ語などの精度はかなり高くなっていますが、日本語への翻訳はまだまだ絶望的な段階です。全く使い物になりません。その議論は20年以上続けられ、全く改善される見込みが立っていません。

英語ビジネスの圧力じゃないかという陰謀論も出ているくらいです。

なのでしっかり英語を習得するとは、人よりも有利な立場に自身を置けるという事です。

おススメです。頑張りましょう!

短期間で英語を本気で伸ばすなら

他にお薦めなのは、ライザップ英語の1人1人の課題に合わせた専属トレーナーコースです。効率の良い勉強方法をガッツリ実行することができます。

リンク張っておきます。

【30日間全額返金】2ヵ月でTOEICスコアを劇的に変える!

人気記事

1

就職活動の時によく聞くワードが「OB/OG訪問」ではないでしょうか? OB/OG訪問とはその名の通り、志望する企業に勤めている自分の学校の先輩に訪問して話をしようというものです。 就職活動において、O ...

2

「持ち家か賃貸か論争」は永遠のテーマと言われ、昔から長く議論されて来ました。 家購入は一人前の証と見られ、会社の同僚、上司や、親、友人、妻からも「そろそろ家、マンションを買わないの?」と言われる事も多 ...

3

大企業に就職するためにはどうすれば良いでしょう? 誰もが知っている大手企業に入りたいと思う人は多いでしょう。自分がやりたい事を実現するために、大企業に入りたいという目標を持っている人も多いです。私もそ ...

4

仕事先を選ぶ際、サラリーマンでもアルバイトでも「仕事のやりがい」を重視する人は多いと思います。 当然の事ながら「やりがい」は重要です。やっていて面白くなかったり、楽しかったり、充実感が無ければ、どんな ...

-英語, 英語勉強法
-, ,

Copyright© タケシの自由になるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.