サラリーマン生活を脱し、お金にも人間関係にも悩まされない自由な生活を送る方法を綴る

タケシの自由になるブログ

不動産 投資

不動産投資のすすめ!サラリーマンから卒業しよう!

投稿日:

サラリーマンの生活は苦しくないですか?

世の中の9割のサラリーマンは、日々苦しさを感じているという統計もあります。

お金持ちになって、お金の心配なく、幸せに暮らしたいと夢見る人は多いでしょう。

しかしながら、サラリーマンだと構造的に一生お金持ちになる事は出来ません。

世の中のお金持ちの中で、サラリーマンは一人もいません。

彼らはサラリーマンの年収ではなく、投資の資産の大きさによって金持ちになっているのです。

ここではお金持ちになるために最もお薦めな不動産投資について説明したいと思います。

不動産投資とは

不動産投資とは何かというと、その名の通り不動産を買うことです。

それはマンションやアパート、オフィスビルや倉庫、また駐車場などです。

それらの不動産を購入し、誰かに貸し出すことでそこから得られる家賃収入を得る点がポイントです。

不動産投資で不労所得を得る

この不動産投資の一番優れている点は、不労所得を得られるという点です。

普通サラリーマンをしていて何か収入を得るためには、何かしら労働をしなければいけません。

一番分かり安いのは時給のバイトでしょう。

1時間1000円といった予め決められた時給に基づいて、働いた時間分の給料を貰うのです。

契約社員や派遣社員、正社員でも基本的にこの考え方は同じです。

しかしながらこの不動産投資というのは、得られる収入は自身が働く時間とは全く関係ありません。

一度良い不動産を購入して、良い条件で貸し出す事が出来れば、毎月高額な家賃収入が入ってくるため、働かなくても勝手に収入を得る事が出来るのです。

このように働かなくても得られる収入のことを「不労所得」と言います。

この不労所得を増やしていくことこそが、お金持ちになるたった一つの秘訣であるのです。

不動産投資のお金は銀行が貸してくれる

不動産投資が優れている点がもう一つあります。

それは「不動産投資資金は、銀行が貸してくれる」という事です。

これはどういうことでしょうか。

普通株にしても、債券にしても、仮想通貨にしても、金、銀にしても、投資を行うには多額の元手のお金が必要となります。

当然その資金を銀行が貸してくれるという事はありません。

しかしながら銀行は、不動産投資には積極的にお金を貸してくれます。それどころが彼らは喜んでお金を貸そうとしてくれます。

その理由は簡単です。『銀行はその不動産を担保に取る』からです。

もし投資がダメになっても、その担保に取った不動産を売れば銀行への借金は返済出来る可能性が高いということです。

昔から銀行はお金を貸す時に担保として不動産を求めるのが一般的です。

例えば会社の運転資金を銀行から借りる場合も、経営者の自宅不動産を担保に取ったりという事をするわけです。

不動産は他の資産と比べても価格の変動が小さいほうで、物理的になくならないものなので、担保として有効です。

よって、不動産があれば銀行はむしろ喜んでお金を貸してくれます

他の投資だとそういうわけにはいきません。株式、国債、その他金融商品に投資するのに、銀行はお金を貸してくれません

このように、銀行からお金を借りる事が出来るので、元手はゼロ円で済むことが出来ます。

銀行からの借金でキャッシュフローを得よう

しかし銀行から借金をするというのは何か怖い感じがしますよね?

人は誰しも多額の借金を抱えたくないものです。

しかしながら借金をしていても、フリーキャッシュフローがプラスであれば良いのです。

それは例えばあなたが不動産投資のために銀行から1,000万円借りたとします。そして投資先の不動産が、毎月家賃収入で50万円入ってきたとしましょう。

そこから不動産の管理費用や銀行への返済などで毎月30万円掛かったとしてら、最終的に50万円から30万円を差し引いて、毎月20万円のフリーキャッシュフロー、つまり不労所得が生まれたということになります。

これにより、あなたは元手が0円で毎月20万円の不労所得の資産を形成出来たという事です。

これはどの法人、会社でもやっている事です。

どの優良企業でも借金をしていない会社はほとんどありません。

銀行からお金を借りて、その借りたお金を投資して、借金返済分を差し引いてプラスのキャッシュフローを生んでいるという形で、事業を回しているのです。

これがマイナスでは絶対にダメです。せっかく銀行からお金を借りたのに、家賃収入よりも支払いが上回ってしまったら、毎月お金が出て行ってしまうので、それは負債となってしまいます。

不動産投資を学び、実践しよう

このようにうまく投資する事が出来れば、不動産は最も不労所得を生みやすいものになります。そのため多くのお金持ちが不動産に投資をしているわけです。

こういった不動産投資を学ぶにはOh!Ya(オーヤ)などもお薦めです。

不動産投資も当然ですが、甘くありません。これだけ歴史の長い投資分野ですから、知識・経験が必要となります。

Oh!Ya(オーヤ)などで知識、カラクリを学んで、小さく始めて実践し、経験値を積んでいく事が何よりも重要です。

マンションやオフィスビルに投資すると聞くと、何億円も資金が必要なふうに聞こえますが、必ずしもそうとは限りません。

今はタワーマンションの一部屋から投資する事が出来ます。

マンションの一室から購入して貸し出す事が出来るので、リスクも小さく始める事が出来るでしょう。

空室に気をつけよう

不動産投資で一番リスクは「空室」です。

不動産投資の収入は、家賃収入ですから、空室になっては収入を得れないので、いかに空室にならない物件を選ぶかが重要となります。

空室になる理由は様々ありますが、これは建物よりもエリアが問題となっているケースが多いです。

建物よりもエリアが重要

不動産投資の鉄則として、「建物」よりも「エリア」が重要と言われます。

あなたが物件を探す際もそうではないでしょうか。

まず建物から入るのではなく、どこに住むから考えると思います。

都心、駅近、スーパーや学校などへのアクセス。そういった重要ポイントから、最適なエリアを導き出し、そのエリアの相場を調べあげ、いくらで投資すれば良いかを計算しましょう。

リフォームしよう

また大きく投資する場合は、その建物を再開発することも重要です。

要は、より付加価値をつけるために、その家をリフォームするのです。

リフォームはお金が掛かるので、初心者にはハードルが高いので最初はお薦め出来ませんが、これも小額から初めて経験を積むことが重要です。

信頼出来る業者との出会いも大切になってきます。

最後に

まずは小額からスタートすることが全てです。

まずははじめてみましょう。

人気記事

1

就職活動の時によく聞くワードが「OB/OG訪問」ではないでしょうか? OB/OG訪問とはその名の通り、志望する企業に勤めている自分の学校の先輩に訪問して話をしようというものです。 就職活動において、O ...

2

「持ち家か賃貸か論争」は永遠のテーマと言われ、昔から長く議論されて来ました。 家購入は一人前の証と見られ、会社の同僚、上司や、親、友人、妻からも「そろそろ家、マンションを買わないの?」と言われる事も多 ...

3

大企業に就職するためにはどうすれば良いでしょう? 誰もが知っている大手企業に入りたいと思う人は多いでしょう。自分がやりたい事を実現するために、大企業に入りたいという目標を持っている人も多いです。私もそ ...

4

仕事先を選ぶ際、サラリーマンでもアルバイトでも「仕事のやりがい」を重視する人は多いと思います。 当然の事ながら「やりがい」は重要です。やっていて面白くなかったり、楽しかったり、充実感が無ければ、どんな ...

-不動産, 投資

Copyright© タケシの自由になるブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.