サラリーマン生活を脱し、お金にも人間関係にも悩まされない自由な生活を送る方法を綴る

タケシの自由になるブログ

就職・転職

社内SEはホワイトか?業界によっては非常にホワイトなその実態!

投稿日:

私はITベンダーとしても、社内SEとしても両方働いた経験があります。

このIT業界は、長らくブラックだとかIT土方だとか働く環境が悪い職種の代表のように言われてきましたが、その中でも社内SEの働く環境はどうなのでしょう。

結論から言うと、私は社内SEはいわゆる"ホワイト"な環境の職場が非常に多いと思います。

社内SEとは

そもそも社内SEとは何かというと、自社の社内システムを構築したり、運用・保守したり、また社内のスタッフが使用しているパソコンやソフトウェアの不具合を対応するサポートデスクといった仕事をする人です。

つまりお客様は社内の従業員というところが大きなポイントです。

自社が実現したいシステムを構築したり、その障害を対応したり、また自社の従業員のIT環境をメンテするというのがミッションなのです。

ITベンダーとの違い

ITベンダーとの違いは、上述した通り『お客様が社内』という点です。

ITベンダーのお客様は社外です。社外のお客様に対し、ITシステム、ソリューションを提供するというのがITベンダーの仕事です。

ITベンダーはお客様先に常駐する事も非常に多いです。大きなプロジェクトだと、何社も寄せ集められて一つの部屋で常駐してシステム構築を行うというケースも少なくありません。

社内SEは見直されている

一時期良く言われていたのが、この社内SEのアウトソースです。

どうしてもIT専門ではない会社にとって、社内SEを多く抱えるのは負担となります。

それらは固定費として本業の会社の経営に大きな負担として重く圧し掛かります。

そのため、社内SEをアウトソースして軽くしていくというのが長年続けられて来ました。

しかしながらそれらは近年見直されつつあります。

その理由は、まず一つには『社内でITのノウハウを抱えておかないと、事業のIT活用が上手くいかない』という点です。

現代の会社経営において、ITの利用は不可欠です。業務の自動化や、マーケティングの自動化など、あらゆる場面でITが活用されています。

しかしそのノウハウが自社にないと、外部の人間が自社の業務も分からずに導入するというのは非常にハードルが高いのです。

そしてもう一つの理由が、『会社のガバナンス、セキュリティ、統制におけるITの必要性』です。

ちょっと難しい言葉が並びましたが、つまりは企業が大きくなると会社を健全な形でコントロールすることは難しくなるため、それらをコントロールするITの重要性は極めて重大という事です。

社内をITでコントロールするには、社外のITベンダーがそれをやるわけにはいきません。どうしても責任を持った社内SEがその役割を担う必要があるのです。

これらの理由から、近年では社内SEはその必要性が見直され、多くの企業で重要視するようになって来ています。

ホワイトな社内SEの現場

冒頭でお話した通り、長くこの業界にいる私の経験から言って、圧倒的に社内SEの方が"ホワイト"な職場環境だと思っています。

色んな会社、色んな職場、色んなプロジェクトを見てきましたが、社内SEの方がITベンダーよりも良い環境で働いていると思います。

その理由はやはり「お客様が社内」だからでしょう。

もちろん社内ITプロジェクトでも激務なものは多いです。大規模なシステムを構築するには、まず第一に社内SE部門が一番大きな責任を負います。また非協力的なITベンダーに発注していると、様々なトラブルが発生し、社内と社外と板挟みになってしまう構造的な問題もあります。

そんな中で「ある程度大き過ぎない企業で、ITの活用を本業としていない社内SEはホワイト」である場合が多いです。

そんな会社は社内IT部門にそこまで大きな予算を掛けられないので、当然プロジェクトの規模は小さいです。そのためプロジェクトの難易度は低いものとなります。

一方で上述した通り、会社は社内IT部門を捨てる事が出来ないわけですから、多くない予算の中でも社内ITを維持していく必要があるのです。

また、お客様が社内というのは非常に重要です。

ITシステムプロジェクトで一番重要なのは『予算、スケジュールをいかにコントロールするか』だと私は思います。

その点において社内IT部門は非常に有利です。それは自社内で調整が可能なケースが多いからです。もちろん自社の経営層と戦う必要がありますが、それはITベンダーがお客様と戦う事に比べれば格段に難易度が違います。

よって構造的に、ITベンダーよりも社内SEの方が、プロジェクトの重要な部分をコントロール出来るためにブラック化がし難いのです。

もちろん社内をしっかりコントロールする力が必要なのは言うまでもありませんが、それを持っていればかなりマイペースでコントロールの状態で仕事が出来るのです。

その結果、社内SEというのは一般のITベンダーと比較としても圧倒的にホワイトなケースが多いと言えるのです。

働き方改革とは

こういったホワイトな職場環境はこれからの時代重要です。

現在日本政府は『働き方改革実演推進室』を設置し、働き方改革の取り組みについて提唱しています。

ここで取り組むべき課題は『労働者の長時間労働』です。

この長時間労働により、過労死や精神病の発症、そして自殺という事が働く環境によって発生し続けています。

そんな中で、働き方改革における大きなポイントが「法改正による時間外労働の上限規制の導入」です。

政府主導で、労働者の働く時間を抑制し、長時間労働を見直していこうという取り組みが始まっています。

働き方を見直してみる

IT業界で働く人達は、今一度働き方を見直してみるべきでしょう。

特に現代は『少子高齢化による労働者不足』によって、労働市場は完全に『売り手」の状況です。

完全に雇用する側よりも、雇用される側の方が圧倒的に有利な時代です。

そんな時代に、ブラックな仕事環境で働くのは完全に間違っています。

もちろん自分の成長のため、苛酷な環境に身を置くという考えの人もいるかもしれません。

しかしながらブラックな仕事環境というのは、一歩間違うとすぐ過労死、精神病、自殺という危険性と隣り合わせです。

これからは仕事だけでなく、家族、趣味などといった幅広い価値観の中で身を置くほうが求められる時代です。

そんな中でIT業界で無理なく働くには、社内SEというのは、非常に利にかなかった職場であると思います。

社内SEへの転職には、社内SE転職ナビがお薦めです。社内SEで働き方を見直してみましょう。



人気記事

1

就職活動の時によく聞くワードが「OB/OG訪問」ではないでしょうか? OB/OG訪問とはその名の通り、志望する企業に勤めている自分の学校の先輩に訪問して話をしようというものです。 就職活動において、O ...

2

「持ち家か賃貸か論争」は永遠のテーマと言われ、昔から長く議論されて来ました。 家購入は一人前の証と見られ、会社の同僚、上司や、親、友人、妻からも「そろそろ家、マンションを買わないの?」と言われる事も多 ...

3

大企業に就職するためにはどうすれば良いでしょう? 誰もが知っている大手企業に入りたいと思う人は多いでしょう。自分がやりたい事を実現するために、大企業に入りたいという目標を持っている人も多いです。私もそ ...

4

仕事先を選ぶ際、サラリーマンでもアルバイトでも「仕事のやりがい」を重視する人は多いと思います。 当然の事ながら「やりがい」は重要です。やっていて面白くなかったり、楽しかったり、充実感が無ければ、どんな ...

-就職・転職
-, ,

Copyright© タケシの自由になるブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.